筋肉をつけたいならタンパク質を摂るべし

筋肉をつけるにはタンパク質が必要。これは少しでも筋トレをかじったことがある人なら常識ですよね。トレーニングだけをしていても、食事を改善して必要な栄養を摂取しなければ肉体改造はできません。トレーニングは筋肉に負荷をかけて破壊する行為なので、十分な休養と栄養による回復とセットにしなければ筋肉を大きくすることは不可能なのです。

だったらプロテインを飲めばいいのでは?と考える方も多くいるでしょう。

確かに商品として売られているプロテインのパウダーはタンパク質の含有量が80%程度と非常に高いため、タンパク質を摂取し、不要なものの摂取を控えることができる非常に重要な武器になります。

しかいいくらプロテインを摂取しても、実際の食事が健康的に筋肉をつけるものになってなければ何をやっているんだかわけがわからなくなってしまいます。ですから、毎日を健康的な食事でタンパク質を摂りつつ、プロテインで補うという考え方が大切です。

では、タンパク質を多く含む、良質な食品にはどのようなものがあるのでしょうか?実際に紹介してみたいと思います。

まず、海で採れる魚がおすすめの食品のひとつです。
シラスやイワシなども小魚や、いくらなどの魚卵もタンパク質を多く含んだ食品です。また言われてみるとそうかも、という少し意外な食材がふかひれです。

ふかひれには、圧倒的に多いタンパク質が含まれています。高級な食材ですし、和食として調理する例も少ないので、日頃食べる機会が多いとは言えませんが、とても多くのタンパク質を含有しています。

そのほか、安くてもたっぷりのタンパク質を含む食材もあります。

例えば、鰹節です。鰹節はフカヒレに負けないくらいのタンパク質を持っているので、積極的に使っていきたい食材でしょう。

その他、肉類も豊富なタンパク質源といえますが、中でもビーフジャーキーのたんぱく密度は他を圧倒するほどです。まるでタンパク質の塊といった感じです。持ち運びもしやすいので、カバンに入れておいて、小腹が減ったときにスナックとしても便利な食品ですね。

この他にもタンパク質を多く含む食品は色々ありますので、ぜひ調べて生活に取り入れてみてください。

男磨きといえば筋肉でしょ

皆さんこんばんは。オトコミガキストです。

男磨きの筆頭といえば、厚い胸板、割れた腹筋、広い背中、太い腕、、、

そうです、筋肉です。やはり美しく筋肉が身についた体は何よりも男を魅力的に見せてくれます。脱いだらスゴイからださえあれば、ファッションなんてジーンズにTシャツ、スニーカーで十分カッコがつきます。

いつも来ている吊るしの安物スーツだって、まるでオーダーメードのスーツを着ているかのごとく、見事に着こなすことができるでしょう。スーツは西洋の白人向けにデザインされたものなので、筋肉が豊富な白人体型が映えるようにできているのです。

オーダーメイドにお金をかけるのか、自分の肉体磨きにお金を掛けるのか。

どちらが投資効果が高いかは歴然です。

筋肉は女性にモテるにも必須です。世の中のわかっていない若い小娘は除き、しっかりと男の魅力を理解する大人の淑女たちは、セクシーな肉体を持つ男に惹かれます。女は結局強いオスに惹かれるように脳にインプットをされているのです。女にモテたい、尊敬されたいならまず筋肉です。お金を持つこともいいですが、稼ごうと思ってもかんたんに稼げるものではないので、筋肉をつけるほうが効率的です。

というわけで筋肉をつけましょう。男磨きならまず筋肉です。

幸い福岡市内には、数多くのトレーニングジムが存在しています。いま流行りのパーソナルトレーニングができるジムも沢山あります。トレーニングのやり方を知っているなら自宅でジムも良いですね。

このようにいくらでも方法も場所も用意されているのです。あとはやるかやらないか、あなたの気持ち次第です。

さあ、筋肉つけましょう!!

福岡メンズのオトコ磨き

こんにちは、福岡市在住のオトコミガキスト、和彦です。

男磨きなんていうと少し気取った雰囲気がなくもありませんが、単に年をとっても自分で納得がいく男でありたいというだけのことで、言い換えれば少しでも若い頃の自分に近い状態を保っていきたいということになります。

中年になってくると体に長年のサビが溜まってきます。そのサビがいろいろな形で衰えや病気と言うかたちで現れてきます。

肥満もそのひとつです。若い頃は多少暴飲暴食したって太ったりはしません。それどころか多少多めに食べないと痩せてしまうほどです。ですが、中年ともなれば、脂肪という形で悪い食習慣によるサビが溜まっていきます。

脂肪は見た目の悪化のみならず、様々な生活習慣病の原因になると言われています。そうなれば体脂肪を若い頃の状態を維持するための、体づくりや食習慣の改善が必要になるでしょう。

また体力の低下も中年になると顕著になってきます。すぐ疲れる、疲れが回復しない、眠気が取れないなど、症状は人それぞれ感じ方も違いますが、これらは老化に伴う筋肉細胞の減少と、運動不足による筋力の減少が相まって、体の機能を低下させていることが一員と言われています。

肌も加齢とともに変化します。肌はシミやシワが増えてきますが、これも過去のケアの度合いや、日焼けなどに対する対策の差も影響しています。つまり対策次第では悪化もすれば、維持もできるということです。

髪も年を重ねれば白髪が増え、薄毛やハゲに悩むことも増えます。悩んでも解決しないし、悩むストレス自体が状況を悪化させかねませんが、若くありたいという意味では何とかしたい問題です。最近は医療の一環で治療ができるようにもなってきています。

という感じでいろいろオトコ磨きのテーマはありますが、若い頃はこんな事考えなくていいわけですから、ほんと若いってスラバシイです。

加齢を華麗に変えられるように頑張っていきます!